ヘルスドクターの秘密[1] 肝臓編

Pocket
LINEで送る

現代人、特に女性の場合は、熱不足の解消が健康生活を送る上で肝心なこととなっています。あらゆる症状は、「熱不足」状態で生活を続けていることが引き金となっています。「冷えは万病のもと」という言葉は、知識的にはわかっていても忙しさに追われる生活を送っていると疎かにしがちです。ヘルスドクターが、多忙な現代人の真・健康生活をサポートします。

27年の歳月を経て誕生した発明品ヘルスドクターは、“ただ座るだけ”で健康管理・維持ができるということで、“信じられない”と当初は思われていました。それもいたし方ありません。今までに存在しなかったものですから。

数回にわたり、展示会におけるびっくり仰天の記事をご紹介します。

HD_sc01

上の測定結果ですが、これは肝臓に関する 測定結果となっています。

コンパニオンさんの肝臓は機能低下している ことがデータから読み取れます。また、脂肪肝は、肝臓に中性 脂肪が10%以上蓄積した状態をいいます。体型的に太っていな くても臓器に中性脂肪が蓄積します。 測定結果にあるように「肝臓内脂肪指数」「解毒機能指数」 「アルコール代謝指数」が正常範囲内から外れてしまっています。

“沈黙の臓器”といわれる肝臓は、自覚症状が ないので、コンパニオンさんはその結果に大ショックを受けてし まいました。 肝臓機能の低下は明白の測定結果でしたが…

ヘルスドクターに30分座ってから再測定するとどのような変化があるのでしょうか。

【補足】日本人の大部分の女性は、便秘といわれ、大腸がんがトップであることからもわかりますが、腸が汚れた状態なため血が汚れるので肝臓が休む暇も無く常にオーバーワーク状態。これでは肝臓に大きな負担をかけつづけている状態といえます。

 

先ほどはショックキングな測定結果でしたが、 ヘルスドクターに30分間座ってみてもらうことに…

t02200326_0691102412701696030
座った瞬間から気分がとてもよく いい感じ…
これでどんな変化があるか 期待できそう…
ヘルスドクターのブースは幸せ

そして、コンパニオンさんは 体が軽くなったせいか足取りも 軽く再測定に出陣

下の図は左がヘルスドクターに座る前(Before) そして、右がヘルスドクターに30分座った後(After)です
o0800036912707626645

なんと図を見ても分かるように「厳重」という 赤い部分がなくなっています。

Beforeでは、 「肝臓内脂肪指数」「解毒機能指数」「アルコール代謝指数」の項目が レッドゾーンでした。
しかし、Afterを見ると「解毒機能指数」「アルコール代謝指数」が 大幅に改善されているのがわかります。
「解毒機能指数」は、「軽度」に、「アルコール代謝指数」は「通常」まで 変化しています。

測定誤差というには、大きな差が出ていますので 肝臓機能が活性化したことによると推測できます。 測定するたびにこれだけの大きな差が出るようでは測定器の出展もできませんし。

「肝臓内脂肪指数」については、肝臓機能が 活性化したといっても30分という短時間では大きな変化はありません。 しかし「厳重」が「中等度」となっています。

肝臓の中性脂肪の蓄積はさすがに短時間では 大きな変化は期待できないようです。

結論として、肝臓の主な機能である「代謝」「解毒」の 機能が活性化していることがわかります。
「胆汁分泌機能指数」は、もともとレッドゾーンでは なかったこともあり「軽度」で変化していませんでした。

この結果を見て、コンパニオンさんもにっこり。
30分間“ただ座っただけ”の発明品『ヘルスドクター』にびっくり仰天でした。

 

【妊活・マタニティケア・産後ケア】トータルサポート エキテン『評判のお店』に選定されました。
ヘルスドクターの福利厚生サービス